ATS カーボンクラッチ点検測定表(※メタルクラッチ共用)

プレッシャープレート(スチール製)

クラッチプレートB(カーボン製)

クラッチプレートA(スチール製)

クラッチプレートB(カーボン製)

クラッチプレートA(スチール製)

クラッチプレートB(カーボン製)

フライホイール(スチール製)

※コピーしてお使い下さい。

カバーボルトを緩めたときのスキマDを
      ノギスで測ってください。

D ?     mm

適正値(mm)

ケーシングタイプ…2.0〜3.0mm

コンパクトタイプ…1.8〜2.0mm

(Spec2シリーズはお問い合わせ下さい)

A1〜A4をシックネスゲージで測ってください。

適正値(mm)

A1 ?         mm 0〜0.1

A2 ?         mm 0〜0.1

A3 ?         mm 0〜0.1

A4 ?         mm 0〜0.1

B1〜B6をマイクロメーターで測ってください。

適正値(mm)

B1 ?         mm

B2 ?         mm

B1ーB2=       mm 0〜0.1

             mm

B3 ?         mm

B4 ?         mm

B4ーB3=       mm 0〜0.1

             mm

B5 ?         mm

B6 ?         mm

B5ーB6=       mm 0〜0.1

シックネスゲージでこのスキマを測って下さい。定規クラッチプレートA

※車両情報記入欄

クラッチ点検の際に必要な情報です。正確な測定を
するためにも、可能な限り各項目をご記入下さい。

■クラッチ
 測定日:     年   月   日

■クラッチの種類: カーボン / メタル
■ディスク枚数:
   シングル / ツイン / トリプル

■圧着力:1000/1100/1300
     1350/1600(kg)

■クラッチ点検目的:
 滑り / 切れ不良 / 定期点検
 その他(              )

■車両名:           ■年式:           ■エンジン型式
(メーカー)                         (ターボ / NA / スーパーチャージャー)

■エンジン出力:       馬力 ■クラッチ              ■クラッチ
     トルク       kg-m  使用走行距離:       km  使用年数:      年

■クラッチ使用環境: サーキット / ジムカーナ / ダートラ(ラリー)
           ドリフト / ストリート / その他(                   )

■クラッチ不具合
 発生時の状況:
例…サーキット走行中に、街乗りメインで、
  ジムカーナの練習○本目で、など…
※書くスペースが足りない場合、
 コピー裏面または別紙にご記入願います。